今週の講師メッセージ new

<2019年1月第3週>
高崎校 室長 小川 真一郎

 
「年初めに出会った言葉」
 
毎月、ある出版社から送られてくる今年初めてのメールに、次の言葉がありました。
 「三つの幸せ」というもので、会社の社長さんの言葉だそうです。
この三つの幸せとは、
 
①「してもらう」幸せ
 わたしたちは生まれてから、お腹がすいて顔じゅう口みたいにして大きな声で泣くと、お母さんがお乳をくれます。おしめが濡れて泣くと、おしめを取り替えてくれます。抱っこしてもらいたいと思って泣けば、抱っこしてもらえる。
抱っこしてもらったり、お乳をもらったり、おしめを取り替えてもらうと、いままで顔を真っ赤にして泣いていた赤ちゃんは泣き止むというふうに、何かをしてもらうとうれしい。
 これが「してもらう」幸せです。
 
②「できるようになる」幸せ
 三つくらいになると、それまで母親から食べさせてもらっていたご飯を自分で食べたくなります。母親が食べさせようとすると、お茶碗と箸を取って、自分で食べようとします。
 いままでできなかったことができるようになるとうれしいから、ご飯をポロポロこぼしながらでも自分でたべるようになります。
 もう少し大きくなると、自転車に乗れる、鉄棒ができるようになる、学校で跳べなかった跳び箱が跳べるようになるというふうに、いままでできなかったことができるようになると、うれしくてとても幸せなものです。
 そういうふうに、いままでできなかったことが「できるようになる」幸せがあります。
 
③「してあげる」幸せ
 この3番目がいちばん大事ですが、わたしたちが親から何かを頼まれて、それをやってあげると、親は非常に喜びます。
 あるいは、友達に何かをしてあげると、友達が喜ぶというふうに、「何かをしてあげる」と、人がとても喜びます。
 そして、人が喜んだ姿、喜んだ顔を見たときに、自分が幸せになります。これがもっとも大事な幸せです。
 いつも人に何かをしてもらわないと幸せになれない人、それから自分さえできればいいという考え方のような人は駄目で、人に「何かをしてあげる」幸せが大事だということです。
 この三番目の幸せを感じるようになると、どんどん人生はよくなっていくとも書いてあります。
 どうしてよくなっていくかというと、この「してあげる」幸せのできる人の周りには、非常に善良な、「人のいい」人たちが集まってきて、そのいい人たちと人生を送るようになるからだそうです。
 
 2019年の初めにあたり、いい言葉に出会えました。
 


※他の講師メッセージはこちらからご覧いただけます。
 
お問い合わせ