「今週のことば」 2016年6月

<2016年6月第4週>
上井草校 室長 田草川 英毅

 
やっぱり英語学習は意味あるぞ。
 

 前回は歴史について語らせていただいたが、今回は英語についてやってみよう。
 教育現場にいる者にとっては、学校における英語教育開始の低年齢化は、「百害あって一利なし」くらいの改悪であるとの思いが強い。「英語よりも国語、日本語じゃないのか?」「英語重視が日本文化、日本語文化を滅ぼしてしまう」と考えている教師は多い。世間のニーズに応えたと言って英断した文科省の役人たちに向かって、「何しとんねん!」と叫ばずにはおれない者が教育現場に携わっている者の中の多数のはずだ。また、このシフトチェンジが今世紀最大の愚挙だと否定的意見もよく耳にする。
 
 今の日本人は、耳触りのいい「グローバル化」という言葉に踊らされて、行く末の怪しいアメリカ中心主義につきあわされているという現実が見えていない。英語教育ビジネス側の者たちが、「英語をやらないと今後生きていけないぞ」との不安をあおりつつ、英語熱を焚きつけているというのも強ち嘘ではないだろう。スタンフォード大の教授が、「日本人で、本当に英語が必要な者は人口の0.1%」「TOEICは日本人の ために作られたもので、たとえ満点取っても、TOEFLでは半分くらいで、ビジネスでは役立たず」「社内言語を日本語禁止にした企業は、夜、居酒屋で確認しあう」などと語っていた。こりゃいったい何のこっちゃといいたくなる。オリンピックで外国の人に英語で案内したり、愛想言ったりできればいいんかいという思いは消えない。翻訳小説に涙できても英語原文を読んで同様に感動できる者はどれくらいいるのか。英語偏重に首をかしげたくなるのは否めない。
 
  しかし、この杞憂すべき問題とは一線を画する飛び越えた方々が、特に60代・70代の中にいらっしゃるのを最近よくお見かけするようになった。彼らは、日本語に未翻訳の書籍・論文などの英文の一次資料を読み漁ったり、英米の新聞をネットを通じて、日本の新聞社のフィルターを通さず直に入手し、分析する。欧米のジャーナリストとだけでなく、向こうの政府の役人と直に英語でやり取りし、意見を伺うのみならず、自分からも意見を伝えたり、発信したりしている。彼らの英語の実力たるや舌を巻くレベルどころではない。彼らも我々と変わりなく、少年の頃に英語を習い始めたのに間違いはないはずなのに…。その旺盛な貪欲ともいうべき英語に向けた学習意欲が、文系理系にかかわらず大学の受験科目に英語があるからというような消極的な理由からでなく、英語圏が世界を牽引している現実を踏まえ、英語を自在に自己表現の武器にする高みに彼らを到達せしめている。
 
 観光会話や日常会話レベルで及第を与えるようなものでなく、もっと高みを目指させるように、英語への意欲をかき立たせるようにこどもたちを仕向けるのが、英語教育の現場に必要な意識ではないのかと思わされた。そのためなら、より多くの英語との接点を作るべきで、短期・中期の留学やホームステイは旺盛に若いうちから取り組んだ方がいいと思うのは当然の帰結だ。その英語への気持ちをはぐくむための努力が我々のような現場に要求されている課題なのだと気づかされた。
 
 あるひとりのその年代の元ジャーナリストの話。イスラエル国境付近で、イスラエルの警備隊に拘束され、「おまえは怪しいから、射殺する」と銃口をつきつけられた。そのとき、彼のパスポートを見ていた一人が、夥しい数の出入国ビザの中にポーランドのものを見つけて、言った。「日本人が何の為にポーランドへ行ったのか?」「アウ シュビッツ、ビルケナウに行って来ただけだ、文句あるか!」と彼が叫んだ時、警備隊は機関銃をみな一斉に降ろした。「ありがとう。お前は釈放だ」―。このやりとりは、どちらも母国語でない英語で成された。



<2016年6月第3週>
保谷校 室長 野澤 幸夫

努力
 

  前回と同じタイトルで書こうと思います。と言いますのは、前回の最後に触れていた受験生の合格結果について、まず報告しておかなければと考えたからです。 様々な課題を一つひとつその「努力」によって、共に乗り越えてきた彼らは、今年も全員第一志望校に合格してくれました。今頃は、希望した環境の中で、それぞれが次の目標に向かって大いに高校生活を謳歌していることでしょう。また、私も彼らの未来が明るいものと成るよう祈っているところです
 さて、前回は、王貞治氏の言葉に感動しメッセージを書きました。今回は何を書こうかと考えていたところ、米大リーグ、マーリンズのイチロー選手が日米通算4257本目のヒットを放ち、大リーグ最多安打記録を超えたというニュースが飛び込んできました。
  早速、イチロー選手のインタビュー記事や映像を見てみると、やはり期待通り胸を熱くしてくれる言葉を届けてくれました。『日米合わせた数字にケチがつくことは分かっているし、ここに目標を設定してやってきた訳ではない』。異論を述べる人達に対しても理解を示し、人間としての器の大きさを感じました。しかし、アメリカのメディアや大リーガー、そしてファンの多くはイチロー選手への賛辞を惜しみなく送ってくれました。その記録の偉大さを米国のファンが認めていることは、敵地パドレスの球場でありながらも総立ちのスタンドからの祝福と賞賛の拍手に表れていました。私には、この光景が大袈裟かもしれませんが、人間の美の極致のようにも感じられました。それくらい美しい歴史的瞬間でした。
 また、さらに『僕は子どもの頃から人に笑われてきたことを常に達成してきているという自負がある。アメリカに行くときも首位打者になってみたいと言ったら、やっぱり笑われた。でもそれも2回達成した』、『常に笑われてきた歴史、悔しい歴史が僕の中にあって、これからもそれをクリアしていきたい』。なんと美しい生き方だろうか。感服してしまいます。これらの内容は、日々の 授業の中で折に触れていつまでもいついつまでも、誰にでも語っていこうと思っています。誰もが感動し、自分を奮い立たせる言葉になると確信しています。
 今年も新しい生徒が入ってきてくれ、全ての生徒がそれぞれ自分の課題に向き合い、がんばってくれています。もちろん受験生は、より一層努力を重ねてくれています。このような姿を見る度に、未来に希望を感じて止みません。
 最後に、今までにイチロー選手から頂いた貴重なそして、無限の力を得ることのできるメッセージを記します。皆様の日々が充実したものとなりますようお祈り致します。
『小さいことを重ねることが、とんでもないところに行くただひとつの道』
『夢や目標を達成するには一つしか方法がない。小さなことを積み重ねること』



<2016年6月第2週>
AO大泉学園校 室長 有川 正志

学ぶ喜びを味わう
 

今春大学に進学したAさんが、卒塾の時に手紙を書いてくれた。感受性が豊かで美術が大好きで、数学が苦手な子だった。
 
「私は小学6年生の頃から算数が苦手で、テストが全然できませんでした。やがて中学生になり、ますます難しくなってくる中で塾に通い始めました。(中略)
 先生のわかりやすい解説で、私の中にある疑問が解消されて“わかる”ということの喜びを感じました。自力で問題を解くことができた時は、やればできることが実感でき、ついには苦手な数学を克服することができました。そして数学を好きになることが出来ました。(中略)
 大学では数学に関わることは少なくなりますが、その分美術の専門的な技能を身に着けて将来、社会で役に立つことができる人になろうと思います。」
 
Aさんの“わかる喜びを感じた”ことを知って涙が出るほど嬉しかった。
 
すべての生徒に学ぶ喜びを味わってもらいたい。
そして喜びに満ちた人生を歩んでほしい。
 
その為に全身全霊を投入していきたい。



<2016年6月第1週>
AO石神井公園校 室長代理 田中 浩介

「自分から変わる努力を」
 

 ここ練馬区は今年度から2学期制から3学期制に戻り、5月で中間テストが終わりました。一息ついたと思ったら、もう6月に期末テストがあります。特に中2、中3は去年あるいはその前と感覚が違うので拍子が合わないという人もいるのではないでしょうか。
 しかし、そうは言っていられないのが現実で、ひとつひとつの試験の成果を上げていかなければ、特に中3はあっという間に受験です。
 いくつかの受験パターンがありますが、多いのは、都立高校が第一志望で、滑り止めで私立高校の併願優遇を受けるというパターン。併願優遇の高校を決めるの は実質12月初旬、というより11月半ばの2学期の期末テストの結果で決まります。としたら、もう6ヶ月弱で、ある程度の枠が決まってしまうといっても過言ではないでしょう。うかうかなどしていられません。受験生以外の人もいずれ必ず通過する道です。
 そこで、まだやる気の出ない人に・・・。
 これから向かっていくところがどこであろうと、今の自分を変える努力を自分からしないと実は何にも変わりません。それが出来ないのが私です。と、いくら言い張っても何も変わらないのです。仕方がありません。普段ならそれで押し通せても、受験となると違います。死ぬまでで一生に幾度とはない、人生の門出、大舞台、ターニングポイントだからです。そんなときに普段と変わらぬままのことをしていたら・・・後悔、これしかないでしょう。
 どうか、自分から何かを変えようとしてください。絶対出来ます。まず、小さいことから。いつもと違うパジャマを着て、違う時間に起きて、新しい目薬をさして、新しい音楽に 変えて、小さいことをたくさん増やしていくのです。ちょっと最近どうしたのといわれてもいいのです。だって、人生最大の曲がり道なのだから。もちろん勉強は抜きにしないでください。そして、自分で出来ないことは、これどうすればいいのと、人に頼っていいのです、塾に頼っていいのですから。
 君のその一歩を待っています。



「今週のことば」 2016年5月
 
お問い合わせ